租税教室

租税教室について

名古屋税理士会では、租税教育の一環として企業向け租税教育研修会、小中高校に出向いて租税教室を行っております。 租税教室を行いたいが、適当な講師が見つからないと考えている先生方、是非一度ご相談ください。

租税教室とは

税理士法第1条に、税理士の使命として「税理士は、税務に関する専門家として、独立した公正な立場において、申告納税制度の理念にそって、納税義務者の信頼にこたえ、租税に関する法令に規定された納税義務の適正な実現を図ることを使命とする。」と明記されております。税理士は、常日頃より租税の意義や重要性を説き、納税者の意識の高揚を図る努力を行っています。 また、愛知県租税教育推進協議会・岐阜県租税教育推進協議会に参加し、国税関係機関や地方税関係機関及び教育関係機関と協力し、租税教育の推進及び充実のため活動しています。 その活動として、企業における租税教育研修会、小学生・中学生・高校生・専門学校生・大学生等を対象とし、税理士が講師となり租税について講義(租税教室)を行っており、それを租税教育と呼んでいます。

租税教室を行いたい方、その他お問い合わせは

名古屋税理士会または、お近くの名古屋税理士会支部事務局までお願いいたします。(支部一覧はここをクリック)

租税教室パンフレット

panph2012税理士が行う租税教育パンフレットを公開しています。

企業等における租税に関する研修会 報告

明治安田生命保険相互会社における租税に関する研修会(平成27年10月20日)

岐阜国際高等学校における租税教室(平成28年1月8日)

愛知ビジネス租税教室(平成28年1月8日)

大同生命における租税教室(平成28年1月13日)

中部美容専門学校における租税教室(平成28年3月3日)

 

このページの先頭へ