■支部の特色

大垣支部は大垣市、海津市、養老郡、不破郡、安八郡及び揖斐郡の二市四郡内に事務所所在地のある税理士及び税理士法人で構成されています。
当地は岐阜県美濃地方の西部であることから「西濃」地方とも呼ばれております。その中心地は大垣市で、古くは俳人松尾芭蕉の紀行文「奥の細道」の結びの地となっています。市内中心部を流れる水門川の水辺には、芭蕉が詠んだ歌が掲示されるなど芭蕉を通じた町おこしがなされています。平成28年12月には、日本の「山・鉾・屋台行事」がユネスコの世界文化遺産に登録されましたが、「大垣まつり」もその一構成要素として登録されました。これは、伝統を堅固に承継する土地柄があるからです。

当支部は大垣市西長町内に「大垣税理士会館」を持ち、法人として運営しております。この建物の1階には支部事務局、2,3階には会議スペース等があり、週に3回、納税者に対する税務支援事業等を事前予約制にて開設しています。

会員数
(H31/3/31 現在)
税理士会員 181名 (準会員2名含)
税理士法人 10法人
支部長 髙橋 茂樹
支部組織 総務部、企画・広報部、厚生部、研修部、税務支援対策部、制度部、綱紀・監察部、租税教育委員会
同好会 ソフトボール同好会、ゴルフ同好会、大垣税研サークル、グルメ同好会
事務局所在地 〒503-0914
大垣市西長町1 大垣税理士会館内
TEL:0584-74-6668