支部の特色

関支部は岐阜県のほぼ中央に位置し、関市、美濃市、美濃加茂市、郡上市、加茂郡がそのエリアとなっている。
山間部が占める割合が大きく、東には飛騨川、木曽川、西には長良川が流れており
風光明媚な自然豊かな地域である。
エリアの中ほどを、東海北陸自動車道、東海環状自動車道が貫き、名神高速道路
に直結していて、以前に比べ交通の便は格段に良くなっている。
産業としては、関市の刃物、美濃市の和紙といった伝統産業、美濃加茂市の製造業、郡上市の観光など地域ごとに特色あるものとなっている。
関支部の設立は、昭和43年7月24日であり、会員数71名の小規模な支部である。
関市内に小さいながらも独立した事務局があり、執行部24名と事務局員1名が支部
運営に当たっている。また、支部会員は全員いずれかの委員会に所属しており、会員の協力のもと支部運営が執り行われている。会員間の連携も密であり、税務署との関係も非常に良好である事が関支部の最大の利点であり、大きな特色である。

会員数
(H27/3/31 現在)
税理士会員 71名
税理士法人 6法人
支部長 左高 武史
支部組織 税務支援対策委員会、業務対策委員会、総務委員会、会計委員会、厚生委員会、研修委員会
同好会 ゴルフ同好会、ソフトボール同好会
事務局所在地 〒501-3979
関市一本木町71-1
TEL:0575-24-6093