4月 11 2017

生命保険契約と税

Q:今年、妻が生命保険に加入しました。税との関係は、どうなっていますか?

A:妻が保険料を支払っていれば 生命保険会社から送られてくる生命保険料控除証明書を基に妻の年末調整や確定申告の生命保険料控除に使用できます。ちなみに、この生命保険料の控除額は、一般の生命保険料、介護医療保険料、又は個人年金保険料の区分ごとにそれぞれ計算しその合計(¥120,000が限度額)が控除額になります。

 

Q:夫である私からは、生命保険料控除は受けられないのですか?

A:夫が、その保険料を支払ったことを明らかにした場合には、生命保険料控除に使用できます。

ちなみに、保険料を誰が支払っているかにより将来受け取る保険金の課税関係が異なることに注意する必要があります。

 

Q:将来受け取る保険金の課税関係が異なるとは、どういう意味ですか?

A:生命保険契約の満期や解約により保険金を受け取った場合には、保険料の負担者、保険金受取人がだれであるかにより、所得税、贈与税のいずれかの課税の対象になります。

1.満期保険金等の課税関係の表
保険料の支払者 保険金受取人 税金の種類
A A 所得税
A B 贈与税

なお、一時払養老保険等で保険期間等が5年以下のもの及び保険期間等が5年超で5年以内に解約されたものは、源泉分離課税が適用され、源泉徴収だけで課税関係が終了します。

所得税が課税される場合は、上記1の表のように、保険料の支払者と保険金受取人とが同一人の場合です。この場合満期保険金等は、受取の方法により、所得の区分が次のようになります。

  • 満期保険金等を一時金で受領した場合には、一時所得になります。
  • 満期保険金を年金で受領した場合には、公的年金等以外の雑所得になります。

 

死亡保険金を受け取った場合、受取人と保険料の負担者が誰であるかにより、税金の種類が、所得税、相続税、贈与税のいずれかになるので、注意してください。

 

 

【名古屋税理士会大垣支部・早崎日呂司】

4月 06 2017

医療費控除の特例 ~セルフメディケーション税制~

3月15日までの確定申告も無事に終わり、ホッと一息ついている方もみえると思います。その確定申告で、医療費控除を利用された方も多いのではないでしょうか。そして今年、その医療費控除の特例として、「セルフメディケーション税制」が始まりました。セルフメディケーションとは、日頃から自分の健康状態や生活習慣に配慮し、定期的に健康診断を受け、軽い症状なら病院に行かずに自分で市販薬を飲んで治しましょう、という考え方です。

従来の医療費控除は、病院などで支払った一年間の医療費の合計が10万円(又は所得の5%)を超えた場合に適用されましたが、平成29年1月からスタートしたこの新しい税制は、薬局等で購入した市販薬の内、「スイッチOTC薬」といわれる医薬品の購入額が年間1万2千円を超える場合に、その超える金額(その金額が8万8千円を超える場合は、8万8千円)について、その年分の総所得金額から控除するという税制です。医薬品の購入は、納税者本人と生計を一にする配偶者その他親族の購入額合計が対象となります。それでは具体的に制度の内容を見てみましょう。

まず、適用要件の一つに医師が関与する①特定健康診査、②予防接種、③定期健康診断、④健康診査、⑤がん検診のいずれかを受診していることが必要となります。確定申告の際は、これら健康診断などの結果通知書等を添付しなければなりません。

次に、対象となるスイッチOTC薬の種類ですが、厚生労働省のホームページに公開されています。風邪薬や胃腸薬、目薬、肩こりの湿布薬等、1500品目を超えるものが対象となっています。対象品はレシートに文字や記号(★印)が印刷されるほか、パッケージに表示されるものもありますので、レシート等で判断することができます。なお、購入時のレシート(領収書)も確定申告の際に添付する必要があります。

この制度は、従来からある医療費控除とは併用して適用を受けることができませんので、病院の領収書とは区別して整理しておき、一年間の合計金額をそれぞれ別々に集計して、最終的にどちらの制度を選択した方が有利になるかを判断する必要があります。

<表>

控除額の計算 控除額 有利
スイッチOTC薬 3万円 セリフメディケーション税制 3万円-1万2千円 1万8千円
医療費 9万円 従来の医療費控除 12万円-10万円 2万円
パターン①合計 12万円
スイッチOTC薬 5万円 セリフメディケーション税制 5万円-1万2千円 3万8千円
医療費 7万円 従来の医療費控除 12万円-10万円 2万円
パターン②合計 12万円

表に記載の通り、スイッチOTC薬と医療費の合計額が同じ12万円でも、パターン①

の場合は従来の医療費控除を適用した方が控除額が多く有利となり、逆にパターン②の場合はセルフメディケーション税制を適用した方が有利となります。

それでは最後に、セルフメディケーション税制を適用するためのポイントをまとめてみます。まず、普段使っている医薬品が特例の対象か、厚生労働省のホームページでチェックします。そして健康診断の結果通知書や予防接種の領収書等をしっかり保管し、医薬品を購入した際はレシートや領収書をもらう習慣をつけ、翌年の確定申告まで保管し集計します。

実はこの制度、平成29年1月1日から平成33年12月31日までの5年間の時限措置となっています。これまで「あまり医者にかからないから医療費控除は関係ない」と思っていた人も、健康管理に気を配りセルフメディケーションに取り組んでいれば、今後5年間は控除が受けられるかもしれませんよ!

 

【税理士 山田光伺】

4月 06 2017

相続税の基本

質問 相続税の納付期限はいつですか?

答え 相続財産が相続税の基礎控除額を超える場合には、相続税の申告及び納税が必要となります。この場合、被相続人の死亡したことを知った日の翌日から10か月以内に申告及び納税をしなくてはなりません。例えば、平成29年4月6日に死亡した場合には、平成30年2月6日が申告期限となります。

 

質問 基礎控除額はいくらですか?

答え 3,000万円+法定相続人の数×600万円となっています。

例えば奥様と、お子様が2人の場合、3,000万円+600万円×3人となりますので4,800万円が基礎控除額となります。

 

質問 具体的にはどのような財産に相続税が課税されますか?

答え 相続税の課税される財産は、現金や預貯金、有価証券、土地や建物、個人事業などをしている場合の貸付金や売掛金などのプラス財産と、借入金や未払金、未払いの医療費などのマイナス財産が有り、相続人のもつ経済的に価値のあるもののすべてに対して課税されます。

また、死亡保険金やお子様などに対して加入した、まだ保険事故が発生していない生命保険契約の解約金相当額、死亡退職金等も相続税の財産とみなされます。

その他、亡くなられた方の死亡した日より3年以内に、亡くなられた方から相続人が贈与を受けている財産や名義預金なども相続税の課税対象となります。

 

質問 具体的な相続のスケジュールはどうなっていますか?

答え 亡くなられた日から3か月以内に大まかに財産を把握していただき、相続の放棄、限定承認をするかどうかの判断をしていただくこととなります。

その後亡くなられた日から4か月以内に亡くなられていた方が個人で事業をしていた場合などは、所得税の準確定申告をしていただき、その後亡くなられた日から10か月以内に遺産分割を行い、相続税の申告と納付をすることとなります。

 

【税理士 山村祥弘】

 

4月 06 2017

株式会社税理士会館 主催、名古屋税理士会 協力「税理士による市民講座」

名古屋市千種区の地下鉄・東山線「池下駅」から徒歩すぐの立地にある税理士会ビル(近隣に千種区役所及び千種警察署があります)は、竣工25周年を迎えましたが、意外に知名度が低いというのが悩みです。池下駅前の飲食店で「そういえば、あそこにあったんですよね」と言われたこともありますが、その店を出てすぐにビルが見えるのです。どうも意識されにくいようです。

税理士会ビルを認知してもらう、ひいては税理士という存在を一般納税者の方に身近に感じてもらうということは、税理士会にとって大きな命題の一つです。そこで今回新たに開催されることになったのが、「税理士による市民講座」です。

市民講座は、主催が株式会社税理士会館、名古屋税理士会が協力して開催しました。

平成二十八年十一月と平成二十九年一月に税理士会ビルにて「相続税と贈与税について」をテーマに開催いたしましたが、税を考える週間の意見広告、窓口でのチラシ配布、ラジオ番組やタウン誌での広告など多方面から周知徹底を図ったところ、十一月半ばには定員を超える申込みがあり、嬉しい悲鳴をあげることとなりました。

当日は第一部が若手落語家、笑福亭鶴瓶師匠の十一番弟子である笑福亭鉄瓶氏による創作落語であり、いわばこれが今回の目玉企画です。税をテーマにするということで苦心されたそうですが、うまく話の導入にネタとして使われ、集まった二百名の聴衆から喝采の拍手を受けていました。

続く第二部は研修部長である私が講師を務めた基礎講座、十一月は「ゼロから学ぶ相続税と贈与税」、一月は「イチから学ぶ相続税と贈与税」でした。

皆さん知っているようで、いざとなると詳しいことは分からない。他の人から話は聞いたことがあるけれど、法律があれこれ変わっているので今も通用するか分からない。そんなあれこれについて、そもそも何が相続財産となるのか。将来の相続に備えて、今からどんなことをすればよいのか。できる限りどなたにでも分かるようにお話ししていく一時間でした。

さらに第三部は、あらかじめ申込みしていた方を対象にした無料税務相談会です。、一般的な税務相談に限定しての個別相談会を開催しました。

こうして開催された二回の市民講座については無事好評のうちに終了しました。

次年度以降は、回数を増やして弁護士の方や司法書士の方を招聘した講座なども開講していきたいと検討しています。

今後も企画していきたいと考えておりますので、機会があれば税理士会ビルへ一度足を運んでいただけましたら、幸いです。

 

【税理士 曲直瀬一洋】

WordPress Themes