10月 18 2016

ふるさと納税と確定申告

Q.最近話題の「ふるさと納税」を行いたいと思いますが、前年から申告が不要となったと聞きましたが詳しく教えて下さい。

A.ご質問のとおり平成27年度の税制改正により、確定申告を行わなくてもふるさと納税の寄附金控除を受けられる仕組み「ふるさと納税ワンストップ特例制度」が創設されましたので申告は不要となりました。

しかし留意していただきたいのは、確定申告不要制度が使えるのは、次の6つの条件すべてを満たした人になります。

  1. 会社員である、
  2. 給料は1カ所からしかもらっていない
  3. 年収が2,000万円以下である
  4. 確定申告をする義務がない
  5. ふるさと納税をした自治体の数が5カ所以下である
  6. ワンストップ特例制度を利用することを「寄附金税額控除に係る申告特例申請書」で申告した方となります。

この条件から一つでも外れる人は、確定申告をしなければなりません。

そして、最も注意をしたいのが、確定申告をすることによって税金が安くなる次のような方です。

  1. 医療費控除を受けて確定申告する方
  2. 住宅ローン控除の初年度の確定申告をする方
  3. 寄付した自治体の数が6カ所以上になった方など。

これらの控除を受ける場合、「ふるさと納税ワンストップ特例制度」を併用することはできません。つまり、確定申告において、①医療費控除や②住宅ローン控除を受けるのであれば、ふるさと納税についても同時に申告しなければなりません。

また③については「5カ所を超えた分だけ確定申告すればいいですか?」との質問を受けることがありますが、答えは、全部について確定申告をする必要があります。

この特例制度が適用できない方は、面倒がらずに確定申告をするようにしてください。

名古屋税理士会大垣支部・髙橋茂樹

WordPress Themes