2月 14 2017

所得税の確定申告書のマイナンバー記載について

社会保障・税番号(マイナンバー)制度の導入に伴う平成28年分以降の所得税の確定申告書の留意点を確認します。

Q1
所得税の申告書の変更点を教えてください。

A1
平成28年分の確定申告書の様式から、マイナンバーを記載する欄が設けられています。
確定申告書には申告者ご本人のマイナンバーのほか、控除対象配偶者、扶養親族及び事業専従者などのマイナンバーの記載が必要です。

Q2
所得税の申告書を提出する際の変更点はありますか?

A2
マイナンバーを記載した確定申告書を税務署に提出する際には、申告者ご本人の本人確認書類の提示又はコピーの添付が必要になりました。

Q3
本人確認書類を具体的に教えてください。

A3
マイナンバーカード(個人番号カード)がある場合は、マイナンバーカードのみで本人確認が可能です。
マイナンバーカードが無い場合は、「番号確認書類」として通知カード又はマイナンバーが記載された住民票の写しなどのうちいずれか1つと、「身元確認書類」として運転免許証、公的医療保険の被保険者証などのうちいずれか1つの二種類の書類が必要です。

Q4
私はe-Tax(電子申告)で提出しますが、税務署への本人確認書類の提示又は写しの添付は必要ですか?

A4
電子申告で提出する場合は本人確認書類の提示又は写しの添付は不要です。

Q5
申告書にマイナンバーの記載をしていない場合、税務署で受理されないのですか?

A5
制度導入直後の混乱を回避するなどの観点から、マイナンバーの記載が無い申告書も受理されますが、マイナンバーの記載は法律で定められた義務ですので、正確に記載した上で提出してください。

【名古屋税理士会岐阜北支部・各務吉彦】

WordPress Themes