3月 14 2017

贈与と名義預金

Q1.小学生の孫に預金の贈与を検討しています。贈与で気を付けるポイントはどこですか。

A. 贈与が行われたという証拠(Q4参照)を残すことが大切です。特に未成年者への預金の贈与の場合、孫名義の通帳にお金をこっそり振込み、名義預金と認定されるケースがあるので注意が必要です。

Q2.名義預金とはどのようなものですか。

A. 形式的には家族の名義で預金していますが、実質的には別の真の所有者がいる預金を指します。その場合、預金は贈与されたとみなされず、実質的な所有者の財産とされます。もし名義預金を残したまま相続が発生すると、名義預金は被相続人の相続財産として相続税の課税対象となります。

Q3.名義預金と贈与の違いは何ですか。

A. 民法では、贈与とは贈与者(財産をあげる人)が「あげます」という意思表示をし、受贈者(財産を貰う人)が「貰います」という意思表示があって初めて成立すると定めています。
今回、孫が預金を「貰います」という意思表示をしていることが贈与成立の条件となります。しかし孫の通帳にこっそり預金を移動させていると、孫は贈与の事実を知りません。この場合、いくら預金を贈与しても、実態としては贈与ではなく、名義預金として孫から名義を借りていると考えざるを得ないかと思います。

Q4.名義預金にならないよう贈与をするにはどうしたらいいですか。

A. お互いの意思表示を確認するために、贈与契約書を作成することをお勧めします。また、贈与された預金を孫が自由に使える状況でないと、実際に貰ったと言えません。孫が通帳や印鑑を管理するのが望ましいですが、孫が未成年者でお金の管理が心配な場合は孫の親権者が管理し、いつでも自由に預金が使える状況にしましょう。

【名古屋税理士会岐阜南支部所属・田中 健一】

WordPress Themes