7月 11 2017

サラリーマンの副業と税金

ご存じですか?サラリーマンが副業した場合の確定申告

 

Q:副業とは何ですか?

 

A:一般的には給与の他に稼ぐ副収入というイメージかと思います。しかし、税法上では副業という明確な定義も区分もありません。副業の種類や得た収入の性質によって所得の区分が分けられます。この所得区分の違いによって税金の計算方法も違ってきます。

 

Q:副業の種類はどんなものがありますか?

 

A:所得税法上の所得には、10種類あります。それでは、いくつかの副業の例と確定申告の種類を紹介します。本業とは別に雇用形態によるアルバイトをしていたら「給与所得」。サラリーマンが株取引を行い、譲渡によって損益が発生したら「譲渡所得」。株取引はしていないが、配当金を得ている場合は「配当所得」。サラリーマンが休日などにエッセイやコラムを書いて原稿料を得たら「雑所得」。また、ネットオークションに出品して収入を得た、もしくはアフィリエイトなどの収入を得たら「雑所得」。FX取引をしていたら「先物取引に係る雑所得等」。アパートやマンション、駐車場などを貸して家賃収入がある場合は「不動産所得」になります。

 

Q:副業収入が1年間で20万円を超えたら確定申告しなければいけないのですか?

 

A:サラリーマンが給与所得や退職所得以外の所得で、副業により1年間に稼いだ収入が20万円を超えても、必要経費を差し引いた残りが20万円以下であれば、原則として確定申告は不要になります。

 

Q:必要経費とは何ですか?

 

A:必要経費とは、その収入を得るために必要となった経費です。例えば、オークションで商品を売るのであればその仕入額や運賃などです。また、必要経費として計上するためには、それを証明する領収書などの書類が必要です。

 

【名古屋税理士会関支部・大矢啓資】

WordPress Themes