12月 12 2017

宝くじや賞金の税金について

Q 宝くじの当せん金には税金がかかるのでしょうか。

A 宝くじは、もともとは戦後の復興資金を集めるために始められたものですが、今ではすっかり、私たちの生活の中に定着しています。

宝くじの当せん金も一時所得に違いないのですが、「当せん金付証票法(昭和23年法律第144号)」という法律があって、13条で「当せん金付証票の当せん金品については、所得税を課さない」とされていますので、宝くじの当せん金には税金をかけないことになっています。

 

Q それなら、クイズ等の懸賞金も税金はかからないのですか。

A いいえ、クイズ等の懸賞金は、一時所得として課税されます。

一時所得は、①営利を目的とする継続的行為によるものでないこと、②一時的な性質をもつこと、③労務や資産の譲渡の対価としての性質がないこと等の要件を満たす所得が該当します。

クイズ等の懸賞は、営利目的でなく、一時的で、労務の対価でもないことから、一時所得に該当し課税されることになります。

一時所得の金額は、「一時所得にかかる総収入金額-その収入を得るために支出した金額-50万円(特別控除額)」となっていますので、1年間で50万円までは税金はかからないことになります。

懸賞が、貴金属などの場合には、時価で価格を評価し、自動車や家電製品などの場合には、現金正価の6割の金額が収入金額となります。

賞金や賞品を1年間で50万円を超えてもらったら注意しましょう!

 

【名古屋税理士会多治見支部・小栗孝信】

WordPress Themes