1月 09 2018

ビットコインの税金について

先般ビットコインで得た所得の取扱いが明確化されました。

問:ビットコインとは何ですか?

答:ビットコインとは、インターネットを通じて電子的に取引される仮想通貨のひとつです。法定の通貨とは異なり、「ブロックチェーン」技術を用いて流通するといった特徴を持っています。外為法上の支払い手段に該当しませんが、現金に代えて仮想通貨による支払いを受け入れている事業者も増加しています。

 

問:ビットコインで得る所得にはどのようなものがありますか?

答:ビットコインを日本円に換算した場合の値上がり益や、ビットコインで資産を購入した場合の値上がり益があります。その他にビットコインを他の仮想通貨と交換してビットコインが増加した場合や、一定の作業でビットコインを無料で取得した場合などがあります。

 

問:ビットコインで得た所得の取扱いはどうなりますか?

答:ビットコインで得た所得は雑所得となり、給与所得や不動産所得などほかの所得と合算して申告することになります。

 

問:上場株式を譲渡した場合の取扱いとどう違いますか?

答:上場株式の譲渡益には20%の税率がかかりますが、ビットコインで得た所得は他の所得と合わせて5%~45%の累進税率がかかります。また、上場株式の譲渡が赤字の場合、損失を3年間繰越して、将来の利益と相殺できる繰越控除を適用できますが、ビットコインの赤字には繰越控除の適用はありませんし、給与所得や不動産所得など他の所得と赤字を通算することもできません。

 

問:サラリーマンがビットコインで利益を得た場合、どうすればよいですか?

答:ビットコインで得た所得が20万円以上の場合、3月15日までに確定申告をする必要があります。

 

(名古屋税理士会関支部・小原岳史)

WordPress Themes