中部経済新聞, 所得税

 今年も確定申告の期限が近付いてきました。昨年から所得税について話題となった項目に「配偶者控除」がありました。配偶者控除とは納税者に所得税法上の控除対象配偶者がいる場合に適用される、一定の金額(38万円)の所得控除です。適用条件では例 ...

岐阜新聞, 所得税

 一人の女性が生涯に産む子供の数に数値目標を設けることなどの少子化対策が話題となっています。まずは安心して子供を産むために、今回は妊娠出産の費用と所得税の医療費控除について説明をします。

Q.妊婦健診費用は医療費控除の対象 ...

中部経済新聞, 所得税, 譲渡所得, 資産税

Q.NISA(ニーサ)とはなんですか?
A.平成26年1月から始まった、個人が投資した株式や投資信託の運用益や配当金が一定の範囲内で非課税になる制度です。正式名称は少額投資非課税制度と言います。現在、制度の対象者は20歳以上、 ...

岐阜新聞, 所得税, 法人税

Q.私は、青色申告で個人事業を営んでいますが、今後法人として事業をした方が有利なのでしょうか。
A.一概に「法人」にすれば有利と言う訳ではありません。
1.メリットとして

独立した組織になることで、家計と経営の分 ...

中部経済新聞, 所得税, 譲渡所得, 資産税

 2014年1月からこの制度が開始になり、すでに多くの方が利用されていると思いますが、
要点をまとめて説明します。

 従来、上場株式の譲渡所得に係る税率は所得税7%・住民税3%の軽減税率が適用されていましたが、これ ...

岐阜新聞, 所得税

Q 高校生の息子が不注意で足を骨折して入院しました。食事代も医療費控除の対象になりますか。高校生なので病院食だけでは足りず売店でも購入しています。
A 入院費用に含まれて病院から請求される食事代は入院のための対価ですから控除対 ...

中部経済新聞, 所得税

Q 住宅ローン減税について教えてください
 住宅ローン等を利用してマイホームの新築等をした場合で、一定の要件を満たすときは、その住宅ローン等の年末残高に一定の割合(平成26年中の入居であれば1%)を乗じた金額を、居住した年分以 ...

岐阜新聞, 所得税

Q 所得税がかからない所得があるのですか。
A 所得税は、個人の所得に対して課税されますが、社会政策的な配慮などから課税されない所得があり、これが非課税所得です。非課税所得となるものは法律で定められているため、法律の改正によっ ...

中部経済新聞, 所得税

Q.退職金にはどのような税金がかかりますか?
A.退職金は、通常、その支払を受けるときに所得税、復興特別所得税、住民税が源泉徴収されます。退職金というのは老後の生活資金であり、長年の勤労に対する報償的給与を一時的に支払うもので ...

中部経済新聞, 所得税, 源泉所得税

問・サラリーマンの給与からはどんな税金が引かれていますか。
答・所得税、住民税、それから復興特別所得税です。

問・復興特別所得税はあまり聞きませんがどのような税ですか。
答・東日本大震災からの復興財源の確保 ...