中部経済新聞, 税理士会

 4月に消費税率が3%上がり、4ヶ月過ぎた今でも日々買い物をするたび、3%の重みを実感します。そんな折、今度は数年間かけて法人税率の引き下げを行うというのです。
一方で、税率を引き上げる増税をし、同時に税率を引き下げる減税をす ...

中部経済新聞, 税理士会

・会員相互の親睦
・税法、その他の研修
・税理士会の発展並びに税理士の社会的地位の向上

 私たち名古屋青年税理士連盟(以下、名青税)は、ご覧のような目的を掲げ、主に名古屋市及び知多半島の若手税理士が中心とな ...

中部経済新聞, 税理士会

 税理士法では、日本税理士会連合会及び名古屋税理士会が行う研修を受け、その資質向上に努めなければならないと定められています。名古屋税理士会では、研修細則を定め、税理士会員は最低でも年間36時間以上研修を受講するように努めなければならな ...

その他, 中部経済新聞, 税理士会

 国税通則法とは、国税に関する基本的事項について定めている法律です。昭和37年(1962)に施行されました。国税とは、国が賦課・徴収する租税で、所得税・法人税・相続税などの直接税と、酒税など間接税とがあります。国税通則法は、国税に関す ...

中部経済新聞, 税理士会

 読者の皆様、2月から始まった平成25年分所得税・消費税の確定申告や4月からの消費税率5%から8%への増税などで税に関する話題を耳にする機会が増えていませんか。友人や知人から確定申告に行ったら税金が戻ってきたという話を聞いたことがあり ...

その他, 中部経済新聞, 税理士会

 名古屋税理士会では、税理士がその職能及び専門的経験を活用し、成年後見人等への支援を行うため、平成24年7月5日に「名古屋税理士会成年後見支援センター」を開設しました。
当支援センターでは、成年後見制度に精通した指導員(税理士 ...

中部経済新聞, 税理士会

 新年明けましておめでとうございます。謹んで新年のご挨拶を申し上げます。

 昨年の我が国の経済は、デフレ脱却への金融政策または財政政策によって株式相場の持ち直しあるいは円高の修正が進み、景気回復への期待感が高まって参りまし ...

その他, 中部経済新聞, 税理士会

 毎年11月11日から17日までの一週間は「税を考える週間」です。この機会に、国民の皆さんに税の仕組みや目的などを考えていただき、国の基本となる税に対する理解を深めていただこうという目的で定められました。ここで、税金とは何か、改めて考 ...

中部経済新聞, 税理士会

 日本税理士会連合会では、税理士法の規定に基づいて、財務省、国税庁、総務省等に、税制改正の建議を毎年行っています。税理士法第49条の11には、「税理士会は、税務行政その他租税又は税理士に関する制度について、権限のある官公署に建議し、又 ...

その他, 中部経済新聞, 企業会計, 法人税, 税理士会

 中小企業を巡る経営課題が多様化・複雑化する中、中小企業支援事業の担い手の多様化・活性化を図るため、平成24年8月30日に「中小企業経営力強化支援法」が施行され、中小企業に対して専門性の高い支援事業を行う「経営革新等支援機関」(認定支 ...