配偶者控除及び配偶者特別控除

2019年4月15日

Q.平成30年からの配偶者控除の変更点は?

A.平成29年までは、ご自身の所得金額にかかわらず一律38万円(老人控除対象配偶者は48万円)でしたが、今年から所得金額に応じて控除額が変わります。

 

Q.平成30年の配偶者控除の金額は?

A.給与だけの方なら、給与等の収入金額が、「1,120万円以下」の場合は「38万円」(老人控除は48万円)、「1,120万円超~1,170万円以下」の場合は「26万円」(老人控除は32万円)、「1,170万円超~1,220万円以下」の場合は「13万円」(老人控除は16万円)の所得控除が受けられ、「1,220万円を超える」場合は「0円」となります。

 

Q.配偶者特別控除を受けることができるのは?

A.給与だけの方なら、ご自身の給与等の収入金額が1,220万円以下で、配偶者の方の給与等の収入金額が103万円超~2,015,999円以下の方が受けることが出来ます。

 

Q.配偶者特別控除で受けることが出来る控除額は?

A.ご自身と配偶者の方の所得に応じ最大38万円、最小1万円の控除が受けられます。

 

Q.配偶者特別控除を受ける方法は?

A.平成30年分の年末調整の際に、今年から新設される予定の「給与所得者の配偶者控除等申告書」に、配偶者の方の所得金額等を記載して、お勤めの会社に提出していただくことで受けられます。

あるいは、平成31年3月15日までに確定申告をしていただく方法もあります。

 

Q.配偶者以外の子供や親などの扶養控除に変更は?

A.平成30年については、変更なく従前の通りです。

ただし、2020年から給与所得の大幅な改正が適用されるため注意が必要です。

 

まとめ

配偶者特別控除を受けることが出来る方が増えました。ただし、ご自分の所得額によっては、控除額が従前より減額される場合があります。

(名古屋税理士会関支部・鷲見知幸)

岐阜新聞

Posted by meizei