事業承継(25) 強制されるグループ法人課税

2010年7月7日

9月末までに方針を決める

  • Q.アゴ博士。今年度税制改正によって、100%子会社などの場合にはグループ法人課税が強制されるんですね。
  • A.そうじゃ。事業承継対策などで子会社を設立してグループ経営をしている会社は少なからずあるから、今の内に得失を検討して完全支配関係になるのか離れるのか決めることじゃ。
  • Q.いつから適用になるのですか?
  • A.本年10月1日の取引からが原則じゃが一部分については4月から始まっているものもある。
  • Q.10月1日から開始する事業年度ではなく、途中からでも変化するのですね。で、内容は?
  • A.全部を詳しく述べる紙面はないので、全てに共通する要点を2つお話しよう
    まず完全支配関係の間での取引に損益を生じさせない仕組みにすることじゃ。したがって、4駒マンガのように、子会社同士の寄附金は双方とも損益を生じないように申告調整をすることになるのじゃ。
    2つ目に、強制されるのは100%の完全支配関係に限定されるが、この判定がなかなか難しい。例えば従業員持株会など5%未満の場合の例外などもある。またマンガの場合、一つの法人が支配しているのじゃが、この頂点が個人の場合には、さらに複雑になるから注意じゃ。
  • Q.相当勉強しなければなりませんね。
  • A.そうじゃ。連結納税制度は選択性じゃが、グループ法人課税は強制じゃからのう。
(税理士 牧口晴一)